SSブログ
前の10件 | -

『ストレス「善玉」論』 [本]

中沢正夫さん著の文庫本です。『ストレス「善玉」論』というタイトルに惹かれて買ったのですけれど、ストレスにいかに対処し、また、どう「いなして」いくかとの著者の提言には考えさせられました。じっくり読んでいきたいと思います(^_^)v

中沢正夫『ストレス「善玉」論』〔岩波現代文庫〕
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%80%8C%E5%96%84%E7%8E%89%E3%80%8D%E8%AB%96-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E6%B2%A2-%E6%AD%A3%E5%A4%AB/dp/4006031629
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

『虚妄の東北王朝』 [本]

安本美典さん著の単行本です。副題に「歴史を贋造する人たち」とあるように、『東日流外三郡誌』をはじめとする膨大な偽書群「和田家文書」あるいは偽の「遺跡・遺物」の数々が生み出されたプロセスを詳細に究明した労作であります。著者の文章の癖なのか、少し読みにくい感じは受けましたけれども、事実を丹念に追っているのには感嘆しました(@_@)

安本美典『虚妄の東北王朝』〔毎日新聞社〕
https://www.amazon.co.jp/%E8%99%9A%E5%A6%84-%E3%81%BE%E3%81%BC%E3%82%8D%E3%81%97-%E3%81%AE%E6%9D%B1%E5%8C%97%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E2%80%95%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%92%E8%B4%8B%E9%80%A0%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1-%E5%AE%89%E6%9C%AC-%E7%BE%8E%E5%85%B8/dp/4620309796
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

『『噂の眞相』25年戦記』 [本]

岡留安則さん著の新書本です。『噂の眞相』は休刊中の月刊誌ですけれど、学生時代はよく購読していました。岡留さんはその編集長として活躍された方であり、25年に亘る刊行中のことなどについて具体的に叙述がなされています。学生時代の想いを懐きながら、読み進めました。個人的には、『噂の眞相』復刊を願っているところです(^_^)

岡留安則『『噂の眞相』25年戦記』〔集英社新書〕
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%99%82%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8%E3%80%8D25%E5%B9%B4%E6%88%A6%E8%A8%98-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B2%A1%E7%95%99-%E5%AE%89%E5%89%87/dp/4087202755/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E5%B2%A1%E7%95%99%E5%AE%89%E5%89%87&qid=1621823974&sr=8-1
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

『新解さんの謎』 [本]

赤瀬川原平さん著の文庫本です。「新解」とは三省堂の『新明解国語辞典』のことで、私は同辞典は持っていない(言葉を調べる際は講談社学術文庫の『国語辞典』を使う。)のでありますけれど、「恋愛」の語釈中に「合体」(『釣りバカ日誌』と同じ用法です。)が出てくるなどの紹介があり、「新解さん」への興味をたいへんにそそられました。そうはいっても、前出の『国語辞典』を活用しており、また経済的に厳しい面もありますので、しばらくは『新明解国語辞典』の購入は難しいものと思われます(>_<)

赤瀬川原平『新解さんの謎』〔文春文庫〕
https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A7%A3%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E8%AC%8E-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%B5%A4%E7%80%AC%E5%B7%9D-%E5%8E%9F%E5%B9%B3/dp/4167225026
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

『電柱鳥類学』 [本]

三上修さん著の単行本です。電柱などに止まる雀などの鳥に注目して書かれています。道を歩いていて、電線に止まる烏の多さに驚いたこともありますけれど、読み進めるうち「なるほど。あれはこういうことだったんだなあ。」と腑に落ちました。具体的なわかりやすい記述がお薦めだし、コラムも、電柱と空想特撮シリーズとの関係にふれていて、親しみやすく感じました(^o^)

三上修『電柱鳥類学』〔岩波科学ライブラリー〕
https://www.amazon.co.jp/%E9%9B%BB%E6%9F%B1%E9%B3%A5%E9%A1%9E%E5%AD%A6-%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%8B-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E4%B8%89%E4%B8%8A-%E4%BF%AE/dp/4000296981
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『怪獣生物学入門』 [本]

倉谷滋さん著の新書本です。怪獣を「生物」として捉えるという内容に惹かれ買いました。生物学については詳しくないのですけれど、「怪獣」については素人なりに学んできましたので、楽しく読み進めていければよいなあと思っています(@_@)

倉谷滋『怪獣生物学入門』〔インターナショナル新書〕
https://www.amazon.co.jp/%E6%80%AA%E7%8D%A3%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E5%85%A5%E9%96%80-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%80%89%E8%B0%B7-%E6%BB%8B/dp/4797680431
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『アキレスと亀』 [本]

清水義範さん作の文庫本です。私は仕事関係の文献などは眉間に皺を寄せたりしながら目を通すことも多いのですけれど、この短編小説集は通勤電車の中で眠くなって取り落としたりすることなく、楽しく読み進めております(^_^)v

清水義範『アキレスと亀』〔廣済堂文庫〕
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%A8%E4%BA%80-%E5%BB%A3%E6%B8%88%E5%A0%82%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%BE%A9%E7%AF%84/dp/4331615979
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

『現代語裏辞典』 [本]

筒井康隆さん著の単行本です。アンブローズ=ビアスさん著の岩波文庫本『悪魔の辞典』は学生時代に接したことがあり、筒井版(講談社)についても同様でありますけれど、この本も楽しみながら読み進めています。ただし、ときどき声を上げて笑ってしまう項目がありますので、通勤電車の中などでは難しいかなあと考えております(^_^;)

筒井康隆『現代語裏辞典』〔文藝春秋〕
https://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E%E8%A3%8F%E8%BE%9E%E5%85%B8-%E7%AD%92%E4%BA%95-%E5%BA%B7%E9%9A%86/dp/4163727906
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

『読書と日本人』 [本]

津野海太郎さん著の新書本です。私は電車やバスの中で本を読んでいて、よく寝落ちするのですけれど、こういうものを含めて「読書」って何だろうなあなどと思ったりします。その「読書と日本人」の関わりや歴史・変化について、興味深く読み進めることができました。本好きのみなさんにお薦めしたく存じます(^_^)/

津野海太郎『読書と日本人』〔岩波新書〕
https://www.amazon.co.jp/%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%B4%A5%E9%87%8E-%E6%B5%B7%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/400431626X/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA&qid=1593877984&sr=8-1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『日本の地名おもしろ探訪記』 [本]

今尾恵介さん著の文庫本です。自分は子供のときから「地名」というものに関心があって、これも書店で手にとって、そのまま買ってきたものであります(^o^)

著者自身が実際にその地を訪れ、土地の状況を自ら観察し、また住民のみなさんから地名の由来を尋ねるなど交流を深めるところは、読んでいて興味を惹かれ、勉強になりました(^_^)v

今尾恵介『日本の地名おもしろ探訪記』〔ちくま文庫〕
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8D%E6%8E%A2%E8%A8%AA%E8%A8%98-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%BB%8A%E5%B0%BE-%E6%81%B5%E4%BB%8B/dp/4480430318/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8D%E6%8E%A2%E8%A8%AA%E8%A8%98&qid=1590885851&sr=8-1
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。